中央区の眼科:水天宮藤田眼科 藤田理事長の健康コラム

 

 頻繁に涙があふれてくる、涙で視界がぼやける、目やにがたまりやすい・・・といった症状に悩んでいませんか?

 

このような症状は「涙目」、医学的には「流涙症」といわれます。主な原因のひとつに、鼻へ抜けていく涙の通路(涙道)のどこかが細くなったり詰まったりしていることが考えられます。

 

 涙は上まぶたの外側にある涙腺から分泌され、眼の表面を潤し、栄養を与えた後は目頭の上下にある小さな穴(涙点)から顔の内側に入り、涙小管という細い管を通って涙嚢(るいのう)という袋にたまります。

 

 そして、鼻涙管という管を通じて鼻腔へ流れていきます。文字通り「目から鼻に抜ける」部分です。この涙の流れるルートが細くなったり詰まったりすると、流れなくなった涙が目に残り、涙目になります。

 

 特に多いのは鼻涙管が詰まる現象で、赤ちゃんに見られることもあります。鼻涙管は加齢につれて細くなる傾向がありますので、わずかな刺激でも涙があふれやすくなります。

 

 この涙目のほかに、涙嚢の炎症で目頭付近の鼻の付け根が腫れたり痛んだり、目やにが多くなったりすることがあります。涙目は他にも様々な原因がありますが、少しでも気になる場合は眼科で検査を受けましょう。

医療法人浩仁医会 理事長 藤田浩司

 

中央らいふ(東京都中央区の地域情報を掲載)

中央区の眼科 水天宮藤田眼科


水天宮藤田眼科

〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-39-5 水天宮北辰ビル7F

お問い合わせは・・・TEL :03-5623-0271