中央区の眼科:水天宮藤田眼科 藤田理事長の健康コラム

 

 まつ毛には、目にゴミが入るのを防御する為に、まぶたを閉じさせるセンサーの役割があります。その為、本来まつ毛は規則正しく外に生えているものです。しかし、まつ毛の生えている向きが乱れ不規則であったり、まぶたの縁が目の内側へ曲がったりした状態があります。これを逆さまつ毛といいます。この乱れたまつ毛は目の表面の角膜や結膜を傷つけてしまうことがあり、更に重症になると視力が落ちることもあるので注意が必要です。小さい子供はもともとまぶたがふっくらとしていて、まつ毛が内側に入っていることがあります。これは成長とともに正常化していくので特に心配はありません。またお年寄りでは、加齢により皮下脂肪が少なくなり上まぶたがやせてたるんだり、目の周りにある筋肉が緩んだりすることでまつ毛が内側に向いてきて逆さまつ毛になることがあります。

 

治療方法としては、症状が軽ければ角膜を保護する点眼薬や結膜炎を治療する抗生物質の点眼薬を使って治療をします。まつ毛の生え方が不規則な場合は抜きますが、また生えてきますので定期的な検査をして乱れたまつ毛を抜く必要があります。まつ毛が生えているまぶたそのものが原因の時は手術をすることがあります。目がゴロゴロする、涙や目やにが増える、目が充血する、まぶしく感じるといった症状が出たら、自覚のない逆さまつ毛が原因で結膜や角膜の粘膜が荒れている事が懸念されますので、眼科で診察を受けましょう。

医療法人浩仁医会 理事長 藤田浩司

 

中央らいふ(東京都中央区の地域情報を掲載)

中央区の眼科 水天宮藤田眼科


水天宮藤田眼科

〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-39-5 水天宮北辰ビル7F

お問い合わせは・・・TEL :03-5623-0271