中央区の眼科:水天宮藤田眼科 藤田理事長の健康コラム

 

  前回はコンタクトレンズ(以下CLと記します)の間違った使い方についてお話しいたしました。今回はCLが高度管理医療機器の扱いになったお話です。

 

2005年4月に薬事法が改正され、CLは高度管理医療機器の扱いになり、販売が許可制となりました。その背景には、近年インターネットなどを利用した通信販売が横行し、定期的な検査、指導がなくてもCLを手に入れられるようになったことなどがあげられます。そのため、前回お話ししたような間違った使い方をする方が増え、CLによる目の障害は増加していくこととなりました。CLは本来、1人1人に合わせた使い方をしなければならない医療用具であったのに、安易な販売が使う方の誤解を招いていたともいえるでしょう。


 では、CLを安全に使用するにはどうしたらよいのでしょうか。そのためにはまずCLが医師により正しく処方されていることがあげられます。医師は視力や目の表面(角膜)のカーブ、目の病気の有無、涙の量やレンズの動き、使用目的や使用環境などを総合して考え、処方します。次に必要なのは3ヶ月ごとの定期検査です。人間の目の状態は変化していくものなので、CLもその変化に合わせて変更が必要になることがあります。また、目に障害があれば、早期に発見し、重大な障害になる前に治療しなければなりません。この正しい処方と定期検査のふたつを満たして初めてCLを正しく安全に使用することができるのです。


 CLを使用するということは、目に異物を入れるということです。使用する方は医療機器を使っているという自覚のもと、眼科医の指示に従って正しい方法でお使い下さい。

 

医療法人浩仁医会 理事長 藤田浩司

 

中央らいふ(東京都中央区の地域情報を掲載)

中央区の眼科 水天宮藤田眼科


水天宮藤田眼科

〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-39-5 水天宮北辰ビル7F

お問い合わせは・・・TEL :03-5623-0271