中央区の眼科:水天宮藤田眼科 藤田理事長の健康コラム

 

 これから夏に向け、プールに入る機会もあるでしょう。プールの水は塩素で消毒されている場合がほとんどですが、たくさんの人が入りますし消毒剤である塩素自体、目に刺激を与えます。プールから上がったら水道の水で目を洗う、というのは以前なら常識でした。ですが、今は少し違います。プールの水に含まれる塩素は涙で洗い流されるので害は少なく、水道水での洗眼は、場合によってはかえって目にダメージを与える結果になることが最近の調査で明らかになりました。

 

また、つい先ごろ、日本眼科医会の見解として以下のようなことが発表されました。  「プールにはゴーグル使用が望ましい。プール後は必要ならば、防腐剤無添加の人工涙液を点眼したり、簡単に水道水で目のまわりなどを洗うのも良い。なおプール後の水道水での洗眼は積極的には勧めない。」


つまり、水泳や洗眼による水流が眼に悪いというわけです。速く泳ぐ場合にはゴーグルで眼を保護する事が重要ですが、水遊びの場合は軽く眼の周りを洗う程度で充分と考えて下さい。  目は元々デリケートな器官です。いたわるときもデリケートな扱いをお願いします。

 

医療法人浩仁医会 理事長 藤田浩司

 

中央らいふ(東京都中央区の地域情報を掲載)

中央区の眼科 水天宮藤田眼科


水天宮藤田眼科

〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-39-5 水天宮北辰ビル7F

お問い合わせは・・・TEL :03-5623-0271