眼の病気について

 

「緑内障」とは・・・眼球の中の圧力が高くなり視神経への圧迫や血流に障害が生じて、視力が落ちたり、見える範囲が狭くなったりします。視神経は一度障害を受けると再生は期待できません。しかも、末期にならないと自覚症状が現れません。

また、急性の場合は急激に眼圧が上昇し、眼の激しい痛みや、吐き気などの症状をおこします。その為、早期発見・早期治療が大切です。

 

眼の水辺断面図緑内障患者さんの眼底写真

緑内障視野障害イメージ

 

 

緑内障は種類が大きく分けて3つのタイプがあります。

  1. 原因となる他の病気がない場合の「原発緑内障」
  2. ケガや病気や薬剤の使用などが原因で起こる「続発緑内障」
  3. 生まれつき隅角に異常がある「先天緑内障」

 

原発緑内障

原発開放隅角緑内障

隅角の房水の排出路にはフィルター状の部分があり、水の透過が悪くなると眼圧が上昇します。眼圧があがると視神経にダメージを与えてしまい、視野障害が起こります。ゆっくりと進行し自覚症状が現れにくい為、見えていないことに気づかない場合が多い病気です。(上の視野変化のイラストをご参照ください)また、この分類の中に正常眼圧緑内障というものもあり、こちらは眼圧が正常範囲内(10~21mmHg)であるにも関わらず緑内障となるものをいいます。この事を正常眼圧緑内障と呼び、開放隅角緑内障の一部と分類されます。眼圧が高い人だけが緑内障というわけではありません。その為、眼圧の数値がいくつだから緑内障という数値の目安もありません。なぜ起こるかについては、視神経への圧迫に対する強さは個人差があり、弱い人の場合、眼圧が正常範囲内でも視神経にダメージが起こることがあります。最近の全国調査では緑内障患者の約6割が正常眼圧緑内障であり、欧米に比べるとアジアに多いと言われています。診断には眼底検査で視神経のダメージを見つけて視野検査することで診断が確定致します。

原発閉塞隅角緑内障

隅角が狭くなり、房水の流れがふさがれて眼圧が上昇します。慢性型と急性型があります。急性の場合は短時間で隅角が閉塞し急激に眼圧が上がり、発作が起こります。この場合の症状として、急激な眼の強い痛みや吐き気や頭痛、目の充血などが起こります。この時は直ちに眼科の診察を受け眼圧を早急に下げる必要があります。

 

また慢性型は隅角の閉塞が起こったり戻ったりを繰り返すものです。この場合、開放隅角緑内障と同様、症状に気づきにくいことが多いので、充血を繰り返す方は眼科受診をお勧め致します。

 

続発緑内障

外傷、角膜の病気、網膜剥離、眼の炎症など緑内障以外の眼の疾患によるものやステロイドホルモン剤などの薬からおこる眼圧上昇によって二次的にひき起こされた緑内障です。もとになる病気の治療やお薬を中止すると眼圧は正常に戻ります。長期間薬を使用し続け、視野変化がすでに起こっている方もいらっしゃいます。薬を中止する場合はかかりつけ医に相談して下さい。

 

先天緑内障

生まれつき隅角が未発達である事からおこる緑内障です。黒目が極端に大きいお子さんや幼少児が光を眩しがるときは注意が必要です。

 

*緑内障は種類によって治療法が異なり、閉塞隅角緑内障で急性緑内障発作を起こした際には、緊急処置が必要です。

 

 

眼圧の検査

 眼圧の測定は短時間で終わります。眼圧は日によって変わりますし、一日の中でも変動します。また測定方法によっても誤差があり正確に測定しなおす事もあります。傾向をみるため日を追って経過を観察する必要があります。

 

眼底の検査

  視神経や網膜の状態を調べる検査です。緑内障発見のための必須検査です。この検査によって視神経の陥凹(へこみ)や網膜の障害の程度がわかります

 

OCT

 網膜の断面を撮影する検査です。従来の眼底検査では網膜の表面しか見ることができませんでしたが、断層像から網膜のむくみの程度や出血の範囲や深さ・視神経の厚み・視神経乳頭の陥凹の程度も測定することができます。
緑内障の早期発見、経過観察に有用です。 >>>OCT検査の詳細はこちら

 

視野の検査

 色々な場所から大きさや強さを変えた光の点を標示して、その光が見えるかどうかを調べます。この検査では正常の網膜に比べて光の感度が下がっている場所があるかを調べ視野の欠けた部分や緑内障の進行の程度を検査します。緑内障は視野が欠ける事が一番重大な症状であるため、進行の程度を判定するためには必要不可欠な検査です。

緑内障視野検査結果:左眼

・黒が濃くなっている所が視野が欠けてきている部分になります。
・濃い黒の部分が多いと、視野に異常があり見えにくい状態です。

 

■人間ドックで緑内障の疑い・視神経乳頭陥凹があると言われた方

 まず眼科を受診して詳しい検査を受けてみましょう。本当に緑内障なのかどうかを調べてましょう。緑内障は自覚症状が少なく眼科で検査を受けなければはっきりした診断はくだせません。まずは、眼科受診を。

 

■緑内障に関する注意点

緑内障は長い目で付き合っていかなければならない病気です。普段からの自己管理ももちろん大切ですが、やはり医師の指示通り定期的に眼科を受診し、処方されたお薬は自己判断で増減する事なく、用法用量を守りながら、眼圧・眼底・視野などの検査・診察を定期的に続けることが大切です。
*一緒に病気を管理してくれる主治医を見つける事が大切です。

 

 

医療法人社団 浩仁医会 水天宮藤田眼科:白内障日帰り手術・緑内障治療・コンタクトレンズ処方

〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-39-5 水天宮北辰ビル7階
TEL:03-5623-0271  FAX:03-5623-0272

個人情報保護について 水天宮藤田眼科採用情報