眼の病気について

 

「VDT症候群とは」・・・Visual Display Terminalの略で、近年、社会のあらゆる領域においてパソコンやモニターなどの仕事・作業が増加しています。長時間の使用により、眼や体や心に影響が出てくる病気を言います。別名テクノストレス眼症とも言われています。

 

・肩がこる 
・イライラ
・手指のしびれ
・首、肩、腕、背中が痛む
・吐き気 眠気がする
・集中できない
・頭痛が増えた

 

眼の症状

・眼が疲れる
・瞼がピクピクする
・眼がかすむ
・まばたきが増える
・眼の奥が痛い
・眼が乾燥する
・ピント合わせに時間がかかる

 

対策

・適度な休憩
・体操
・眼鏡

【見る所の距離によってメガネの度数は変わります。眼鏡の使い分けで目への負担を緩和することができます。】
・早期受診

 

★厚生労働省は平成14年に「新VDT作業ガイドライン」を策定しました。

職場におけるVDT作業者の心身の負担をより軽減し、作業者がVDT作業を支障なく行ことができるようにすることを目的とされています。

 

当院では、VDT症候群の予防や早期発見をするための眼の健康診断を行っています。

 

専門検査機器でのピント調節機能測定や視力・眼圧検査、眼科専門医による問診と診察、精密眼底検査をもとに、その方に適した作業環境の改善や方法をアドバイスいたします。

作業用眼鏡、コンタクトレンズのご相談や、慢性的に感じる眼の乾燥感・眼精疲労のお悩みもご相談ください。

 

職場単位、2~3名様の少人数から検診を承っております。

詳しくは 当院VDT検診担当者へ お電話03-5623-0271にてお問い合わせください。

 

 

 眼の疲れを緩和する目薬や体や目の緊張をほぐす内服薬などによる治療があります。また、正確なメガネでの矯正や、作業用のメガネを調整することでも症状が改善する場合があります。作業中に眼に異常を感じた場合は早めの受診をお勧めいたします。

 

 

あてはまる項目ありませんか?(チェックしてみましょう!)

□最近PC作業が増えた。
□PC作業中画面がかすむ、又は作業の合間に壁やカレンダーを見ると見えにくい。
□夕方になると頭痛、又は眼の奥が痛くなる、時には吐き気もある。
□肩こりや手足のしびれが増えて改善しない。
□眼の乾燥感が強くなった。

 

■該当項目2つ以上あれば眼科にご相談を!!

 

 

医療法人社団 浩仁医会 水天宮藤田眼科:白内障日帰り手術・緑内障治療・コンタクトレンズ処方

〒103-0014 東京都中央区日本橋蛎殻町1-39-5 水天宮北辰ビル7階
TEL:03-5623-0271  FAX:03-5623-0272

個人情報保護について 水天宮藤田眼科採用情報