角膜を削らないコンタクトレンズ ICL

眼内コンタクトレンズ治療とは?

眼内コンタクトレンズ治療は、角膜を削らずレンズを目の中に入れて視力を矯正する治療法です。屈折矯正手術で有名なレーシックは角膜を削るため、強度近視に対応できず、ドライアイや視力の戻りなども起こる可能性がありますが、ICLではそういったデメリットがほぼありません。

また、眼の内部にコンタクトレンズを入れてしまうのでお手入れも不要で、起床時から裸眼で生活でき災害時にも安心です。手術方法も、高齢になればほとんどの方が受けられる白内障の手術と同じ技術で、安全性の高さも実証済み。当医院で使用するレンズは、国内で唯一厚生労働省の認可を受けたもののみを使用しており、レンズを外して元の状態に戻すことも可能な、非常にリスクの少ない手術です。

角膜を削らない多くのメリット

ICL治療は、角膜を削らないので角膜の形がほとんど変化しません。レーシックなどの角膜を削る治療法と比べて多くの利点があげられます。

  • 近視・乱視の強い方にも対応
  • 近視や乱視の強い方や薄い角膜の方は角膜を削る治療法を行えませんでしたが、ICLはレンズの度数によって見え方を調整するため手術が可能です。

  • クリアで鮮やかな見え方
  • 角膜を削らないため角膜の歪みが増えることがなく、鮮やかでクリアな見え方が期待できます。また夜間の運転中によくみられる「ハロー・グレア」という光が滲んだりギラギラして見える現象も起こりにくいとされています。

  • ドライアイの原因にならない
  • ICL治療はレーシック手術と比べて約1/10しか角膜を切りません。そのため、角膜の知覚神経を傷つけることが少なく、ドライアイの原因にはなりません。

  • 長期的に安定した視力
  • レーシックでは削って薄くなった角膜が眼球の内圧によって膨らむことにより、手術数年後に視力が落ちることがあり、近視が強い方ほど戻る幅が大きくなるとされています。ICLではレンズの度数が変わることはないので、術後何年経っても、治療直後と同じ見え方が維持できます。

目にやさしい安全性の高い素材

目の中に入れるレンズは、ソフトコンタクトレンズのような柔らかい無色透明の素材です。体の成分でもあるコラーゲンを使用しており、生体適合性の高いもので半永久的に使用可能です。また有害な紫外線を90%以上カットする機能もあります。

お手入れ不要で災害時も安心

目の中のレンズに日々のお手入れやメンテナンスは不要です。目の中でゴロつきを感じることもありません。万が一の災害時にも眼鏡やコンタクトレンズなどは不要で、裸眼で生活をすることができます。

レンズは取り外し可能で、将来の目の病気の治療にも影響なし

ICL治療のレンズは取り外して元の状態に戻すことができるのでリスクの低い手術といえます。将来白内障などの目の病気になった際に、治療の選択肢が狭まるようなことは一切ありません。

ICL治療の対象

原則21歳から45歳までの近視や乱視のある方。レーシックを断られた強度の近視や角膜の薄い方も治療可能です。
老眼や緑内障や白内障など他の目の病気や、全身疾患のある方は治療を受けられない場合がありますので、まずはご相談ください。

ICL手術の費用

乱視なし 58万円 
乱視あり 68万円
※両眼、術前検査、手術、薬、術後12ヶ月間の検査費用込
※初回適応検査・カウンセリングは別途費用(5,500円:税込)がかかります。
※スターサージカル社 アイシーエルKS-AquaPORTR改良型EVO+モデル 使用

眼内コンタクトレンズ治療手術の流れ
(両目で約15分の日帰り手術です)

手術決定までの主な流れとして、適応検査・カウンセリング、その後詳細検査をし、手術日を決めます。

青色の検診日は節目検診ですので詳しく拝見いたします。
休診日やご都合のつかない日程については前後にご調整いたします。

通院スケジュール

手術の流れ

STEP1
目薬で瞳孔を拡大させ、点眼麻酔をして、角膜の淵を約3ミリ切開します。
STEP2
切開した部分からレンズを目の中に入れます。
STEP3
レンズを虹彩と水晶体の間に固定します。
STEP4
瞳孔を収縮させ手術は終了です。
STEP5
院内でしばらくお休み頂いた後、目の状態を検査し、問題がなければお帰り頂きます。
術後の点眼や服薬等については医師の指示に従って下さい。

手術後の主な症状について

見え方について

  • 視力の変動
  • 術後1週間ほどは、炎症などで視力が変動することがありますが、回復と共に改善します。完全に回復するまでは、直接目を触らないように注意してください。

  • ハロー・グレア・光の輪
  • 暗いところで明るいライトなどを見た時に光の周りににじんだ輪が見える現象をハローといい、ギラギラと光ってとても眩しい症状をグレアといいます。症状の度合いや期間には個人差がありますが、治療後数ヶ月で自然と気にならなくなることが一般的です。

一般的な症状(帰宅~翌日)

  • 異物感、充血、かすみ
  • 傷口が治癒し、炎症が治まることで、時間とともに自然に改善します。

手術後の注意事項

手術後一定の期間、日常生活の以下のような項目について制限があります。詳しくは手術前にご説明させていただきます。

  • 洗髪・洗顔
  • シャワー・入浴
  • 化粧・アイメイク
  • 飲酒
  • 運転
  • 運動
  • プール

Q&A

治療を受ける制限はありますか?
原則21歳~45歳までの方を対象としています。また目の形や病気、全身疾患などによって治療の対象とならない場合があります。事前に詳しい検査を行い、目の形、状態、生活習慣などを総合的に検討して治療が可能かを専門の医師が診断いたします。妊娠中、授乳中は視力が不安定になることがあり近視矯正手術はできません。
手術は痛いですか?
目薬タイプの点眼麻酔をしますので痛みはほとんどありません。
費用は公的医療保険の対象ですか?
公的医療保険の対象ではありません。ご自身で加入している民間保険の給付については、「有水晶体眼内レンズ挿入術」が対象かどうか、加入保険会社へお問い合わせ下さい。
老眼も治りますか?
40歳頃から加齢に伴う調節力の衰えにより「手元が見にくい」と言った老眼の症状が出始めます。老眼は遠近のピントを合わせる能力が衰える症状です。眼内コンタクトレンズ治療は近視や乱視など屈折の矯正を行いますが、老眼の治療ではありません。また手術後、老眼により手元が見えにくくなり、老眼鏡が必要になる場合があります。
目の病気全般